×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

多重債務で自己破産を検討するときのメリットとデメリット

ご訪問ありがとうございます

自己破産で免責を受ける

財産を処分して残債を免責するのが自己破産

自己破産をすると、生活必需品以外のほとんどの財産を換金し返済にあて、残こりは責任を免除(免責)してもらう方法です。この免責が受けられれば、借金は返済しなくてもよくなります。

連帯保証人がいる場合は注意

前もって自己破産する場合は保証人に了解を得ないと、後で問題が大きくなります。債権の取立てに保証人に請求がいきます。
自己破産債務整理相談で無意味な処理は妨げられます

自己破産のデメリット

  • 銀行取引ができない
  • 5〜7年間の間に新たなクレジット購入や借り入れができないので、壊れた電気製品などは現金で購入となる
  • 生活必需品以外の全ての財産を処分しないといけない
  • 連帯保証人に影響を与える
  • 官報に記載され家族などに内緒ではすすめられない

自己破産のメリット

  • 残債がゼロの免責になる
日本初!クレジットじゃないVISAカード登場☆ネット決済に便利☆ クレジットカードの登録が必要なネットサービスなど、利用したくてもできなかった人に朗報です。
TOP 作者略歴 多重債務脱出 収入アップ 整理対応

サイトマップ