×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

多重債務で任意整理をする際のメリットとデメリット

ご訪問ありがとうございます

多重債務返済支援・任意整理とは

裁判所を利用しない債権者との和解

任意整理とは、裁判所などの公的機関を利用せず、司法書士などの専門家が私的に、引きなおしを含めて借金の減額や利息の一部カット、返済方法などを決め、和解を求めていくこと。 任意整理は、裁判所などの公的機関を通さないため、債権者はこの話し合いに応じる義務はないので、金融会社によっては対応を先延ばしにしたり、履歴開示を怠ったりすることがあります。

任意整理のデメリット

  • 引きなおしのみで元金の減額交渉は見込めない
  • 後に支払い義務は残るので免責はない
  • 債権会社優位で、履歴や対応を怠ったりする可能性がある

任意整理のメリット

  • 銀行取引ができる
  • 引きなおし後の支払額の減額が見込める
  • 家族などに知られずに処理することができる
日本初!クレジットじゃないVISAカード登場☆ネット決済に便利☆ クレジットカードの登録が必要なネットサービスなど、利用したくてもできなかった人に朗報です。
TOP 作者略歴 多重債務脱出 収入アップ 整理対応

サイトマップ